Life-eBox

「Life-eBox」は、生活を豊かにするためのニュースや知識、アイテムをお届けするブログ。楽しむ事で見えてくる可能性や、広がる世界をお届けしていきます。

小学校でも大人気!『Five little Monkeys』の歌詞を口ずさんで、英語の単語や音を身につけよう。

突然ですが、普段英語の絵本を読んでいますか?

英語独特の音やリズムを身につけるには、やっぱり歌がとっつきやすいようで、子どもたちも遊び感覚で親しんでくれます。

http://www.flickr.com/photos/13055957@N00/4260610141
photo by Mathom

そこで、今日は絵本と歌が連動していて、一石二鳥の「うた絵本」をご紹介します。幼稚園から小学生のお子さんに丁度良いので、ぜひ日常の遊びの中に取り入れてみてくださいね。

ストーリーも楽しめる英語の歌『Five little Monkies』

小学校でALT(外国語指導助手)をしている知人が、小学生3・4年生の授業で取り入れたら子ども達に大好評だったそうです。

前回ご紹介した曲と比べると歌詞はちょっと難しめですが、ストーリー仕立てで覚えられるので徐々に慣れれば歌えるようになります。


Five Little Monkeys | Super Simple Songs - YouTube

歌詞を少し見てみると、

(1番)
Five little monkeys jumping on the bed
One fell off and bumped his head
Momma called the doctor and the doctor said
"No more monkeys jumping on the bed!"


(訳)小さな5匹のおさるが ベッドの上で飛んでいたら
   その中の1匹が落ちて 頭を打ってしまいました
   お母さんがお医者さんに電話をしたら先生に
   「もう子供達にベッドの上を跳ねさせてはいけません」と言いました。

基本は同じ歌詞で、5番までmonkeysの数が5から1に減っていきます。

赤字の部分の歌詞が変わっていき、最後はちょっとした展開が待っているので、Youtubeで確認してみてくださいね。

英語絵本『Five little Monkeys』も併用すると、効果UP

Five Little Monkeys Jumping on the Bed (A Five Little Monkeys Story)

Five Little Monkeys Jumping on the Bed (A Five Little Monkeys Story)

Youtubeももちろん良いのですが、携帯を使えない病院や移動中なんかには英語絵本を活用しましょう。

こちらは、ページをめくりながらストーリをお子さんと見れるので、ゆっくり内容の理解ができていいと思います。

例えば、最初は「What's this animal?(この動物何?)」「How many monkeys are there?(サルは何匹いる?)」と聞き、数字を英語で言えるかな?と確認してあげましょう。

「What are they doing?(サルの子達何してる?」→「(They are)jumping on the bed.」

「Who is she/he?(彼女/彼は誰かな?)」→「Momma / doctor」

こんな風に、ママモンキーとお医者さんの紹介をしてあげると単語理解にもつながります。

最初から全部の歌詞を覚えるのは大変だと思いますので、英語のカウントや、登場キャラクター(little monkeys、Momma、doctor)などの単語を先に理解させると、スムーズに覚えられると思います。

年齢ごとに、英語の歌の遊び方を変えてみましょう

http://www.flickr.com/photos/11134789@N00/4785288965
photo by cafemama

絵本を使った学び方も合わせて、年齢ごとのイメージをまとめるとこんな感じです。

3歳~6歳 7歳~10歳くらい
はじめは・・・ 絵本でストーリーを何度も紹介&歌を聞く 絵本or動画で紹介・歌をゆっくり練習
慣れたら・・・ 歌える部分を一緒に練習 歌詞全部を音源に合わせて練習

英語の学習歴によっても多少異なりますので、お子さんの英語習得状況に合わせて変えて下さいね。