読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life-eBox

「Life-eBox」は、生活を豊かにするためのニュースや知識、アイテムをお届けするブログ。楽しむ事で見えてくる可能性や、広がる世界をお届けしていきます。

子どものモチベーションを最大限に高める、おすすめ英語教材をご紹介!(幼児・小学校低学年向け)

英語教材を買ってみたものの、子どもの学習意欲が減っている気がする…と思ったことはないですか?

今日は子どものモチベーションを高めながら英語学習を続けるコツをお届けします。

子どものモチベーションを最大限に生かして「学び」の姿勢を作るには

http://www.flickr.com/photos/10816734@N03/7468291822
photo by World Bank Photo Collection

私が英語講師としてレッスンをする中で一番大切にしているのが、子ども達を飽きさせないことです。

子ども達のタイプにもよりますが、幼児~小学校低学年くらいまでは「静かに集中して勉強をする」なんて出来ません。そもそも、15分以上静かに座っていることが難しいですから。

その感覚をママ達も忘れないで下さいね。

「なんで静かに英語のお話聞けないの?」「なんでフレーズで答えられないの?」とイライラするのは禁物。

まずは「お子さんが楽しんで英語に触れているか」を観察してみて下さい。これ、ポイントですよ。

子どものモチベーションを高めるポイントはこの4つ

モチベーションUPの4ポイント

  1. 発言に対してしっかり褒める
  2. クイズやゲーム形式で楽しく会話する
  3. 付録ステッカーやクラフト教材を使いこなす
  4. 歌&振り付けで楽しく覚える

ちょっと詳しく解説すると…

1:発言に対してしっかり褒める

お子さんをしっかり褒めよう!としているママは多いことでしょう。英語学習においても、非常に大切になるので褒めることを心がけてくださいね。

「Very good!」「Good job!」「Wonderful!」「Very nice!」「Good boy(girl)!」など色々な褒め言葉で大げさに伝えましょう。

また、言いながら拍手をしたり、正解した場合はハイタッチをしてあげるとさらに子どもの嬉しさが増しますので次も挑戦してみよう、と感じてくれます。

2:クイズやゲーム形式で楽しく会話する

2については、家庭学習だと難しく感じるかもしれませんが、1対1でも簡単にできます。

例えば、単純に「What's this?」で聞くよりも、手で隠しながら少しだけちらっと見せて聞くといつもよりも集中して見るようになります。

また、ポイント制でゲームをするととてもモチベーションがあがります。ゲーム例についてはまた今度ご紹介しますね。

3、4については、以下に具体的な教材を挙げて説明していきます。

日本の子ども達に人気の楽しく学べる英語教材

英語教材といっても色々あってどんなものを使えばいいかわからない、そう感じるママ達も多いことでしょう。

英語教室でよく使われていて、子ども達がとても楽しく学べるという人気の英語教材をご紹介します。

アプリコット出版から出ている教材でシリーズ化しているものです。

小さい子向けのものでしたら、お家でも取り組みやすいかと思いますのでビギナー向けの二冊をご紹介します。

日常生活を英語で表現!

WELCOME to Learning World PINK―テキスト(付録Arts & Crafts) Learning World

WELCOME to Learning World PINK―テキスト(付録Arts & Crafts) Learning World

3~5歳くらいを対象とした教材です。朝起きてから寝るまでの一日の流れを歌やチャンツなどで楽しく学べるようになっています。

「歯を磨く」「朝食を食べる」「おもちゃを片付ける」「お買い物に行く」などの日常で使える表現を学べるので、英語に触れる第一ステップとして使うのにとてもいいと思います。

ママも一緒に楽しんで学べるので、ママも覚えて日ごろの生活の中の子育ての時に自然に使うようにしてもいいでしょう。

付録のArt&Craftsに関連した工作集(ex,テーブルセット、洗濯セット、Toy box)があるので、それを使いながら会話してもいいでしょう。

テーブルセットであれば、朝食をイメージして、「I'm hungry.How about you?Are you hungry?」「What do you want to eat?」などと聞いてみて「milk,please」など簡単な言葉から発話させていって、テーブルの上を完成していく、などというのも楽しくできると思います。

楽しい歌とチャンツで英語に触れたくさんのアクティビティで定着を図ろう!

WELCOME to Learning World YELLOW BOOK―テキスト(付録My Book)

WELCOME to Learning World YELLOW BOOK―テキスト(付録My Book)

上記のピンクブックを終えた後の二冊目です。3~6歳くらい(初めて英語に触れる場合は、6~9歳くらい)を対象とした教材です。

英語学習の初級で覚える単語(色、数、家族、からだの部分、食べ物、動物、アルファベットなど)が一通り学習でき、12曲の歌と9曲のチャンツが入っていて楽しく歌って学習もできます。

この本の人気の理由としては、付録のアクティビティブックです。付録を使って楽しく色を塗ったり描いたりして、歌やチャンツを定着できるようになっています。こちらにはご紹介した「Five Little Monkeys」も入っています。

また、この教材に出ている歌は同じくアプリコット出版の「チャンツde絵本」シリーズでいくつか紹介されています。

Open the Window (チャンツde絵本)

Open the Window (チャンツde絵本)

この「Open the Window」は子ども達がとっても好きになるチャンツの一つです。

どんな動物が窓の向こうにいるのか予想しながら楽しくチャンツを学べます。英語の独特の動物の鳴き声もこれでバッチリになるでしょう。

五感を使って英語の感覚を身につけましょう

http://www.flickr.com/photos/12692384@N00/486706243
photo by adwriter

どの教材もカラフルで絵もとてもかわいいものばかりです。お子様も視覚からまず楽しめる教材だと思いますので、機会があれば是非使ってみてくださいね。

以前お歌をご紹介しましたが、本日はお歌やチャンツなどを効果的に盛り込んだ教材をご紹介しました。

教材といっても、アルファベットを書く練習をしたり問題を解くようなものではありません。

小さいうちに勉強の色合いが強すぎるとお子さんが英語嫌いになってしまうのでお子さんと楽しみながら学べる工夫をしていきましょう。