読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life-eBox

「Life-eBox」は、生活を豊かにするためのニュースや知識、アイテムをお届けするブログ。楽しむ事で見えてくる可能性や、広がる世界をお届けしていきます。

子どもの頃から外国の人に慣れ親しむメリットは?将来の英語の成績を上げるだけが目的なら、早期の英語教育は意味がないのではないでしょうか?

親子英語 英会話 あゆみん

幼い頃は、外国の人に恐怖心があった私

http://www.flickr.com/photos/44124395312@N01/2063512730
photo by Kelly Sue

私の記憶の中で初めて生の外国人を見たのは5歳頃。モルモン教(?)のお兄さん達がスーツに白い尖ったヘルメットをかぶってスポーティな自転車で颯爽と住んでいた団地に現れた時です。

その異様な雰囲気に恐怖を感じ、「こ、これが外人さんかぁ…(※外国人の方って“外人”って言われるのを嫌いますよね…、すみません!)」と立ち尽くしてしまいました。

今考えれば、「異様」という感覚は、異文化の人に慣れていなかったからこそ生まれる感覚だったのだと思います。

しかし、数十年経った今でも鮮明にその情景を覚えているということは、子供の頃の私にとって、とても衝撃的な出来事だったのでしょう。

小さい頃から様々な国の先生と会話する大きなメリット2つ

http://www.flickr.com/photos/57768217@N00/5384713123
photo by flickrsummer
その時感じた“ドキッ!”とする感じは今でも抜け切れておらず、お店や道端で外国の方に遭遇すると勝手に恐怖を感じてしまいます。

この恐怖感がより一層英語の上達を妨げてしまっていて、中学校や高校のALTの先生にも全然近づけませんでした。

モルモン教のお兄さんたちに英語で話しかけられる勇気や、異文化の方とのコミュニケーション経験があれば、彼らと仲良くなれた可能性だってあったはず。

そこで、私が考える「幼い頃から外国の人と会話するメリット」を2つ挙げてみます。

1:外国の人に対する、心の壁を取り払う

http://www.flickr.com/photos/34039290@N06/5660042581
photo by demandaj

英語を身につける上で、結構高いハードルとなる「心の壁」。周りに外国の人がいる環境なら問題ないのかもしれませんが、日本語以外を話す外国人がいるという事実に慣れたいところです。

そういう意味で、幼い頃から英語に馴染んでいれば、英語を話す人に対して意味もない不安感を持たなくて済む確率が高くなると思います。

一言で言えば、異文化の人は地球上にいるんだという認識を自然に持てるようになる。ということでしょうか。

2:生きた英語の感覚が身につく

http://www.flickr.com/photos/13286453@N00/4851401088
photo by zoetnet

子供のころから英語に触れるメリット2つ目は、英語の感覚を育てることができるという点です。

私の娘もそうですが、一緒に聞いている英語の歌やYouTubeに出てきたことのない英語の文章を、ぶつぶつ言えるようになってきています。

これは、耳から入る英語を自然と吸収している成果ではないかと私は思っています。英語を自然と吸収しているので、暗記ではなく生きた英語を感覚で身につけているのです。

この基盤があれば、子どもが自分で英語を自発的に学ぶのに役立つのではないでしょうか。

キッズ専用のオンライン英会話なら、安心して色々な国の人と会話できる

http://www.flickr.com/photos/8107002@N03/3121816803
photo by superkimbo

私の経験から、自分の娘(2才9ヶ月)には「英語を話す人に対する心の壁を作って欲しくないなぁ」と切実に思います。

私が幼少時と違い、今はハーフの子も多いし、街に出れば外国の方も多いので、英語に慣れるという意味では良い時代になってきたのではないかとは思います。

ただ、今は塾で外国人の男性の先生にセクハラまがいのちょっかいを出しに行く娘に感心していますが、日常生活で英語を話すお友達がなかなか出来ません。

そこで、オンライン英会話などで各国の先生とお話する機会を作ってみるのも良いかなと思っています。キッズ専門のオンライン英会話が出てきたので、こちらを活用しない手はないですよね。

ちょっと月謝が気になってはいるので、そのうち各オンライン英会話の比較表でも作ってみようかと思います。

以上、子どもの頃から外国の人に慣れ親しむメリット2点でした。