読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life-eBox

「Life-eBox」は、生活を豊かにするためのニュースや知識、アイテムをお届けするブログ。楽しむ事で見えてくる可能性や、広がる世界をお届けしていきます。

何にもしたくない病、発病!その原因と解決策を考えてみた。"自分の気持ちがどこにあるのか"が鍵なのかも?

日曜日。本来は遊びに出かけたりして、充実した休日を満喫したいもの。でも、何もやる気が起きず、ぐーたらりんとしちゃう時、ありますよね。

そのままぐーたらするのもアリなのですが、そんな何もしない自分に自己嫌悪しちゃうことも。
http://www.flickr.com/photos/31260118@N05/4304908508
photo by David Urbanke

そんな時の解決法を見出すべく、昨日のぐーたらな私がやってみたことを書いてみました。

休日なので9時に目覚めたが何もやる気なし

http://www.flickr.com/photos/22032337@N02/13893715355
photo by steve.garner32

この時点では、本当に何もやる気が起きませんでした。起きることすら面倒!そこで、心の赴くまま、もう一度寝てみました。

次に目が覚めたのが12時半。

「ご飯を作ろうかな。」とお布団の中で考えてもみたのですが、「昼食の支度は面倒」という気持ちが勝ってしまいました。

とりあえずモンスターハンター4をやってみた

ひとまず、手元にあった3DSがあったので、モンスターハンター4をしてみることに。
http://www.flickr.com/photos/55561732@N00/127360288
photo by QuattroVageena

しかし、「何もしたくない病」だった私は、ひと狩り行って飽きました。「飽きたー」と布団の中でゴロゴロしている間に意識が遠のいて…。

もう一度寝たら、自己嫌悪にさいなまれた

http://www.flickr.com/photos/33183096@N05/3809284500
photo by Loca Luna / Anna Gay

次に目が覚めたのが、15時半でした。起きた時「おー、よく寝たなぁ。」という満足感があったのは事実。

でも、それと同時に湧いてきた気持ちは「休日に何してるんだろう、私。」という自己嫌悪感

自己嫌悪感を消すべく、行動する

http://www.flickr.com/photos/54706567@N00/6736138019
[http://www.flickr.com/photos/54706567@N00/6736138019:title=photo by ro_buk [I'm not there]]

自己嫌悪感が出てきた理由を考えると、「ずっと寝てぐーたらしている」から。

だからといって、すぐ何かテキパキ行動できるわけではない状況でした。そこで、テキパキしなくても出来ることを考えてみました。

  1. お風呂に入る
  2. 洗濯物をたたむ
  3. 食器を洗う
  4. 掃除機をかける

まず出来ることはこの4つ。まずお風呂に入ることから始めました。お風呂に入ると、意外にシャキッとした気持ちに。

それでも「面倒くさい」という気持ちが消えなかったので、洗濯物たたみ・食器洗い・掃除機かけを1時間だけやってみよう。という気分に。

「どれか出来なくても自分を許す」というルールも一応設けました。

1時間という短い時間だけど、出来たら「今日は何もしなかった」という気分にはならなそうだと思ったんです。それで自分が満足するんじゃないかな?と。

時間制限したから、目標達成。さらに別のことも出来た。

1時間という時間制限をつけたおかげで、ゲーム感覚で全部の要件をこなせました。

さらに、その時点で何も食べていなかったので、お腹が空きました。

今日は何も食べなくていいやとか考えていたのですが、料理をする余裕が生まれ、ミニ水炊き鍋を作り、ポン酢とゴマドレの合わせタレでいただきました(-人-)
f:id:starline1201:20141103131027g:plain
こちらも面倒なので、鍋から直接食べましたけどね(笑)

さらにこの後、友人からお誘いいただいたので、飲みにも出かけました。結果的に、かなり充実した休日でした。

最後の友人の誘いがあったおかげが大きいのですが、そうでなければ、TSUTAYAでビデオでも借りて映画を見ていたかもしれません。

普段、会社やプライベートで抑圧している「自分自身」にやりたいことを問いただしてみる

http://www.flickr.com/photos/94379417@N00/4808475862
photo by Melvin Gaal (Mindsharing.eu)

私は独身だから、こんなグータラにグータラを重ねたような生活が出来るんだろうなって思います。

家族がいらっしゃる方は15時半まで寝るなんてことはできない可能性の方が高いのではないでしょうか。

ただ、今回大事なのは寝ることではなく、自分がしたいことを聞いてあげることだったのだと思います。

普段、仕事をする中では、あなたがやりたいことではなく、「やらなければならないこと」を優先せざるを得ない状況にある場合が多いのではないでしょうか?

そういう場合、自分が本当にやりたいことは後回し。後回しに後回しを重ねると、自分が本当は何をしたいのか、わからなくなってきちゃう気がするんです。

しなくちゃいけないこと(義務)ではなく、自分のしたいこと(欲求)が何か?を考える。

これが"何もしたくない病"を解決する、私の最善策でした。もし、同じような状態で休日を過ごしている方は、参考にしてみてくださいね。