Life-eBox

「Life-eBox」は、生活を豊かにするためのニュースや知識、アイテムをお届けするブログ。楽しむ事で見えてくる可能性や、広がる世界をお届けしていきます。

出産2日前…。今回も早期英語教育を計画中!計画実行には旦那さんや周りの理解がなにより大事

いよいよ来てしまいました…

http://www.flickr.com/photos/8860127@N04/2200020855
photo by David Swift Photography
私…、あと2日で出産です。(帝王切開の為、もう日にちが決まっています。)
体が重いから早く出したい!!という気持ちと、やっぱり手術は怖い~!!という気持ちが入り混じっていて複雑です…(苦笑)。

生まれるのは男の子の予定で、名前はまだ決定ではありませんが、外国人の方が呼びやすい名前にするつもりです。
(実は上の子も外国人の方が呼びやすい名前にしています。でも、全然キラキラネームではありませんよ!)

英語のできる友人に「コミュニケーション能力があれば名前の呼びやすさは関係ない」と言われてしまいましたが、英語教室で呼びにくそうな子の名前を一生懸命発音している外国人の先生を見るたびに、やっぱり呼びやすいほうがいいのかな…?と、私は思ってしまいます。
小さい子供にあだ名をつけても通じませんしね…。

今回も早期英語教育をします!

http://www.flickr.com/photos/45298653@N00/8454238351
photo by cplong11
下の子も上の子と同じように2~3ヶ月頃から英語教育をするつもりです。また、首が座ったころからお座りが出来るようになる頃まで、毎日同じディズニーの教材のDVDを見せ続けます。

「毎日」というのがポイントですよ!

上の子の時は半信半疑での英語教育でしたが、今回は上の子での成果も分かっているので不安もなく、自信を持ってやれそうな気がします。

上の子の英語教室の時間も、娘と先生が1対1でできる時間に変更してもらう予定で、赤ちゃんを連れて行っても他の生徒さんの迷惑にならないようにしてもらいます。そして、下の子が1才前後になったら本格的に英語教室に入会させようと思っています。

下の子に英語教育をすることで上の子にとっても復習になると思いますし、そのうち姉弟で英会話を楽しめるようになればしめたもの…!!と思っています(笑)。

英語教育には旦那の理解が大事!

http://www.flickr.com/photos/20777644@N05/7252002214
photo by amslerPIX
私のように子供に早期英語教育をさせようと思っていても、周りの理解を得られなければなかなか思うようにいかないと思います。
特に旦那さんが英語教育に積極的ではない方だと、教材を買ったり英語教室に通わせたりさせようとする度に説得しなければならなくなるでしょう…。

義父母が英語教育に対して微妙な反応をすることもあると思いますが、そんな時にも一番味方になってくれるのはやはり旦那です。
うちの旦那は旦那の会社が英語を重視していることもあり、とても積極的に協力してくれます。

私の父母は私に英語教育をしようとしていたタイプの人間だったので何も問題はありませんでしたが、義父母のほうは最初は「英語教育…?」といった反応でした。(寝返りも出来ない頃に英語の歌を聞かせていると、“また英語…?”みたいな感じでした。)
でも上の子が徐々に英語を話すようになっていって凄いと思うようになったようで、今ではよき理解者になってくれています。

先日も、義父母が上の子と水族館に一緒に行って「くらげを“jellyfish”と呼んでいたよ!感激した!」と大興奮の義父母。
もう下の子の早期英語教育に何も疑問を感じないことでしょう。

もし、義父母が英語教育を冷めた目で見ていたとしても決してめげずに、旦那さんを味方につけて頑張ってみてください!きっと理解してくれるようになると思いますよ(^^)

「以上、出産2日前ですが…、今回も早期英語教育を計画中!実行には周りの理解がなにより大事!」でした。