Life-eBox

「Life-eBox」は、生活を豊かにするためのニュースや知識、アイテムをお届けするブログ。楽しむ事で見えてくる可能性や、広がる世界をお届けしていきます。

『アナと雪の女王』の英語版台本が無料ダウンロードできる!?DVDや絵本とは違う楽しみ方を味わおう。

アナと雪の女王 真実の愛

先日「アナ雪」に関する記事を公開したところ、すごく有益な情報をコメント欄にいただいたので、みなさんにご紹介します。*1

英語版「アナと雪の女王」はまだちょっと読めない方へ!親子で英語絵本を楽しめる、たった1つの方法をご紹介。 - Life-eBox

絵本にはない楽しみ方があることに感動

id:frkw2004 さんは

セリフだけじゃなく心情も書かれているんでファンなら読む価値ありますね。

とコメントして下さったのですが、「心情が書かれているってどういうこと?」と一瞬わからなくなった私。

でも、台本を見てすぐ納得できました。(日本のドラマとかの台本思い浮かべればすぐ分かりそうなものなのに、疎い…。)

台本を見てみると以下の様に感情だけでなく、歌部分、その情景の指示まで入っているのがわかります。

f:id:starline1201:20140817113813p:plain
f:id:starline1201:20140817113819p:plain

あの有名な歌の英語版を見ると、物語の見方が変わる

http://www.flickr.com/photos/68928263@N00/14394904390
photo by insidethemagic

さらに読み進めて行くと、皆さんも1度は口ずさんだはずの『Let It Go』の歌詞が登場。ここでは日本語版『Let It Go』とは少し違う印象を受けました。

日本語の『Let It Go』はすごく明るく伸びやかな感じを受けます。

しかし、英語の歌詞はちょっと後ろめたい感覚を含んが表現に受け取れます。

その点について検証している方がいらっしゃいました。

ロッカーNo.19465 -『Let it go』が良すぎて英語-吹き替えを無限ループ耐久四日目突入記念-

全文について検証されているので、一部を引用させていただくと…

日本語 英語 日本語直訳
やめよう Well now they know ああ 今や知られてしまった
ありのままの Let it go, let it go これでいい これでよかったの
姿見せるのよ Can't hold it back anymore もう秘密にはしておけない

一番の「それも もうやめよう」。この「やめよう」って言葉は、自律的で自分からやめることを選んでます。

この後に、「ありのまま」の言葉がくることで、隠していたいた本当の自分を自分から表に出していこうとする積極性が感じられます。

一方、英詩では「Well now they know」になっていて、隠していたことがバレたことが主眼。その後に「Let it go」の言葉がくることで、(本当はバレたくなかったけど)「これでよかったんだ」と自分に言い聞かせています。

なるほど。日本語訳と英語訳では「心の動き方」が全然違うので、物語の見方が少しずつ変わってきます。

更に3番の歌詞は最も意訳が多く、物語全体に関わる箇所もあるとのこと。

歌が劇中で大きな役割を果たしているだけに、英訳と日本語訳の比較をするのは楽しいですね。

文字数が段違い

さらにこんな記事も発見。
アナ雪の「Let It Go」で見る英語と日本語の圧倒的な差とは?! | ヨッセンス
おお。なるほど。たしかに歌詞を全部日本語で直訳すると、日本語の歌詞より情報量が半端なく多いです。

『Let It Go』を歌うシーンは、『アナ雪』の中で作品の象徴的なシーン。そこで口の動きと歌詞がズレてしまっては、違和感しか残らず、物語が台無しになってしまいます。

そこで歌詞全体・お話の展開のバランスを考えた上で、文字数は少ないけど口の動きにピッタリ合った日本語の歌詞になったのかな?と思います。

『アナ雪』を細部まで比較して、楽しく英語を学ぼう

ご紹介した台本は以下からダウンロードできるので、見てみて下さい。
・『FROZEN : Final Shooting Draft

アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

DVDを流しながら台本を見て、感情部分までどう表現されているのかを考えれば、英語の感情表現を感覚的に身につける練習になると思うので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

以上、『アナと雪の女王』の英語版の台本をダウンロードして、絵本とは違う楽しみ方を見つけたお話でした。

「アナと雪の女王」の短編が公開(追記)

この記事を書いてから5ヶ月!流行語大賞にも選ばれた「アナと雪の女王」ですが、今度は続編の情報が舞い込んできました。

「フローズン・フィーバー」というタイトルで、約7分間の短編映画になるとのこと。

主人公アナの誕生日に、姉の雪の女王エルサとアナの恋人クリストフが最高のお祝いを用意しようとしたが、雪や氷を生み出すエルサの魔法の力が強すぎ、パーティーが危機にさらされる物語

というストーリーが7分という短い時間でどう表現されるのか、興味ふかいです。

短編も「アナ雪」と同じクリス・バック&ジェニファー・リー監督や声優が起用されるとのことなので、非常に楽しみですね!

*1:id:frkw2004 さん、ありがとうございました!