読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life-eBox

「Life-eBox」は、生活を豊かにするためのニュースや知識、アイテムをお届けするブログ。楽しむ事で見えてくる可能性や、広がる世界をお届けしていきます。

子供の言い間違いは良い間違い♪教材の見せ方や選び方を工夫しよう!

http://www.flickr.com/photos/65315936@N00/5536618552
photo by Chris Smith/Out of Chicago

子供は自分で文章を組み立てられる?

今日、うちの娘(2歳8ヶ月)が「○○(自分の名前) is happy!」と言っていました。「I'm happy!」しか教えたことないのでちょっとビックリしました。
子供は知っている単語を使って文章を組み立てる能力があるんだなぁ…と実感したあゆみんです。

でも、今日のようにきちんとした文法でしゃべっていることより、めちゃくちゃな文法のほうが実際は多いです。

例えば、最近娘はアンパンマンの人形を指さしては「Is it アンパンマン?」ではなく、「It's アンパンマン?」「It's バイキンマン?」などと聞いてきては、私に「Yes it is.」か「No it's not.」を言わせようとします。

今朝も私が顔を洗っていたら、隣にやってきて「ママ、It's face wash?」と聞いてきました。おそらく本人は"ママ、顔を洗っているの?"と聞きたかったのだと思います。

"ん~惜しいなぁ…"と思いつつも、こんな時、私は訂正せずに会話にのってあげることにしています。訂正されることで嫌になって英語の発言数が減ってしまうのが一番困るので…。それと、間違ったまま放っておいても、いつの間にか綺麗な文章になるのではないかと思います。

子供は言い間違いが多い

よくよく考えると子供って日本語でも言い間違いが多いですよね?
娘もとなりのトトロのメイちゃんのように"とうもろこし"を"とうもころし"と言うので、毎回可愛くて笑ってしまいます。
推測ですが、こういう場合いちいち「とうもころしじゃないよ!とうもろこしでしょ?」なんて訂正する親のほうが少ないのではないでしょうか…?

英語もそれと同じで、変でもいちいち訂正せず"好きなようにしゃべらせてあげたほうがいいんじゃないかな…?"と私は思っています。

まぁ…、自分がきちんと訂正してあげられるほどの英語力がないっていうのが一番の理由かもしれません…(苦笑)。
昨晩も主人と「この人(※娘)の英語力に私たちついていけてないよね…」と話し合った次第です。

教材は繰り返し見せたあとにまた見せよう!

http://www.flickr.com/photos/68701696@N00/8787073
photo by tsuda
私の周りには月々送られてくるタイプの英語教材をとっているご家庭が多いのですが、どんな教材でもいいので(※むしろ教材のサンプルでもOK!)、私が一番おすすめしたいのは、車のカーナビや自宅のテレビでこれでもかっ!?と言うほど繰り返し見た後にちょっとしまっておいて、数ヵ月後にまた見せる方法です。
忘れた頃にまた思い出させるので、脳を刺激するにはいい方法なのではないかと思っています。

何故この方法にたどり着いたのかと言うと、一度、ディズニーの英語教材の営業さんに「騙されたと思って首が座る頃からお座りができるようになるまで毎日サンプルDVDを見せ続けてください!必ず反応がありますから…!!」と力説され、実行したら予想以上の反応があったのと、少し期間をあけて見せたら本人も懐かしいのかとても嬉しそうにしていて、反応が更に大きくなっていたからです。娘にはとても効果がありました。

子供も大きくなるにつれて幼稚園に行ったり近所のお友達と遊んだり、なかなか英語に時間を取れなくなってきます。(もちろんお母さんも…!) なので私は、教材は多すぎるよりも少数精鋭を何度も繰り返し見せたほうがいいと思います。

リサイクルストアも毎回チェック!

http://www.flickr.com/photos/57114259@N00/53317755
photo by I'm Fantastic

余談ですが、私はリサイクルストアが大好きです。 たまに良い英語教材が100円、200円で売ってあったりするので、オーディオコーナーのチェックはかかせません!(英会話教室の非売品のDVDなんかも置いてあったりします。)例えばビデオテープは時代遅れな感じがしますが、時代遅れだからこそ安く手に入ります。リサイクルストアに立ち寄った際には、是非お得な英語教材がないか探してみてください♪