Life-eBox

「Life-eBox」は、生活を豊かにするためのニュースや知識、アイテムをお届けするブログ。楽しむ事で見えてくる可能性や、広がる世界をお届けしていきます。

英語の世界へ出発だ!英語絵本を子どもと一緒に読み始め。英語絵本朗読サイト"Oxford Owl"が楽しい!

http://www.flickr.com/photos/78239079@N00/1760761910
photo by covs97

先日絵本に関するエントリーを書いたので、
絵本『りんごかもしれない』のパロディすごい!「みかんかもしれない」からお家で出来る表現方法を考えて、自己表現力を高めよう! - 親子で英語を学ぼう!
さらに英語の絵本に関する記事が書きたい!と思い立ち、時々使っている便利サイトをご紹介することにしました。

英語の絵本を読んであげたいんだけど、自信がないっていう親御さん多いんです。何事も継続は力なり。そんな姿もお子さんに見せてあげてみても良いですよね。今回はお子さんと一緒に英語の絵本を楽しめる"Oxford Owl"について調べてみました。

英語多読用の英語絵本は高い!

実は1冊1冊はそこまで高価ではないのですが多いのですが、毎日読むとなると結構な出費。

STAGE 1+ FIRST SENTENCES PACK (CD PACK)

STAGE 1+ FIRST SENTENCES PACK (CD PACK)

例えば、上のパックは英語絵本初心者さんに非常にやさしく「ストーリーブック6冊、teaching notes 1冊、CD1枚、日本語ガイド1冊」がついているのですが、4000円弱…。
うーん。と考えちゃう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、"Oxford Owl"の出番です。お子さんに英語の絵本は楽しめるかな?と思ってる方も無料で試せちゃうのでオススメですよ。

Oxford Owlってなに?

Oxford Owlとは、Oxford University Press(オックスフォード大学出版局株式会社)が運営している公式サイトの一つ。
直訳すると「オックスフォードふくろう」。西洋ではフクロウは智慧の象徴なんですよね。だから、オックスフォードの智慧の集合サイト!みたいな感じでしょうか。

具体的に何ができるの?

f:id:starline1201:20140121210238j:plain
具体的には以下のことができます。

  • 250冊のe-bookが無料で読めちゃいます。+音声付きのものも!
  • フォニックスについて学べます。
  • 英語で算数(数字を書く等)を学ぶための方法が掲載されています。(上の写真参照)

250冊が無料と記載されているのですが、eマークがついてるeBookは無料で最後まで読めます。それ以外は、中身のサンプルが見られ、購入ボタンを押すとAmazonのUKサイトに繋がるようになっています。

絵本以外にも専門家が話す英語tipsが書かれていますので、お時間あれば読んでみて下さい。

250冊の英語絵本の内容は?

"Oxford Owl"では、以下のシリーズが無料で読めます。

  • First Experiences:簡単な単語が並ぶ絵本3〜4歳向け
  • Oxford Reading Tree:本サイトで最も冊数のあるベーシックシリーズ。
  • Project X Origins:アクションベースの内容で、3Dイラストが特徴。
  • Project X Alien Adventures:雄大でミクロな冒険の物語。
  • Project X CODE:Project Xの特徴に加え、続きものになっているのが特徴。
  • Read with Biff, Chip and Kipper:最もベーシックなお話のシリーズ。
  • Read Write Inc. Home:フォニックスについて
  • Read Write Inc. Phonics:フォニックスについて
  • Songbirds Phonics:本を読み始めの子どもが「自分の力で読める!」を実感するためのシリーズ。
  • Traditional Tales:世界中から集めたおとぎ話。
  • TreeTops:7〜11歳向けの絵本。
  • Winnie the Witch:独特なイラストで知られるコーキー・ポール作の「魔女のウィニー」シリーズ。

"Oxford Reading Tree"(通称ORT)とは英国の約80%以上の小学校で採用されている「国語」の教科書です。2013年に大阪の公立小学校でも採用されている教育効果が高い、実績ある絵本シリーズなんですよ。
上記の通り、他のシリーズもたくさんあるので、読んでも読んでも尽きることはありません(笑)

ORTなど各シリーズのレベル表
ここから各年齢で読みやすい本のシリーズやレベルが書いてあるので、見てみて下さいね。読書が滞りなく出来る様に、考えて作られているので、GOOD。

私的には3DのProject Xシリーズが大好きです!3Dだけに臨場感あふれる感じがすてきでワクワクです(笑)
そして、音声のスピードは結構ゆっくりめなので、初めて英語の絵本を読む方でも安心。慣れてる方はちょっと遅く感じちゃうかも。スピード調節できるともっと良いのに〜とワガママを言ってみたり(笑)

どうやって使うの?

ログインしないとサイトのサービスが使えません。まずはIDを作って下さいね。
f:id:starline1201:20140122040206p:plain

  1. メールアドレスとパスワードを設定(パスワードは6字以上で1文字は大文字を含めて下さい。)
  2. 教師か親か、名前、プライバシーポリシーに同意の3項目を入力

これで登録完了です!
ささ、ログインして、色々いじってみて下さいね。
ゲームやワークシート、e-bookで楽しめること、間違いなし!

子どもが紙の絵本の方が好きなんだけど、どうしよう?

http://www.flickr.com/photos/95161958@N00/312991976
photo by brina_head
こういう方、結構多いです。私も紙が好き派です(笑)
意外にお近くの図書館に置いてある場合もありますので、"Oxford Owl"のサイトで音声だけ流して、絵本をめくって目で追うという形で併用して使ってみて下さいね。
多読用図書が読める地域別図書館リスト

英語の絵本を楽しんで、気持ちをシェアして

いかがだったでしょうか?音声がついているというのは大変ありがたいことですね。「私は英語が苦手だけど、子どもに英語の絵本を読んであげたい」という方にとって、英文を英語の発音(フォニックスを使った様な)で読みたいけど出来ないから絵本読んであげられない…という心の壁を低くしてくれます。(本来は気持ち・愛情を込めて絵本を読んであげることが最も重要なんですけどね。)

これを続けて行けば、お子さんだけでなく、一緒に読むお母さん、お父さんの英語力も上がっちゃいそうです。さらにそれを"Show and Tell"へと発展させたりして。遊びの中に英語がさりげなくある生活を目指して行きましょう。