読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life-eBox

「Life-eBox」は、生活を豊かにするためのニュースや知識、アイテムをお届けするブログ。楽しむ事で見えてくる可能性や、広がる世界をお届けしていきます。

絵本『りんごかもしれない』のパロディすごい!「みかんかもしれない」からお家で出来る表現方法を考えて、自己表現力を高めよう!

http://www.flickr.com/photos/94999676@N00/1217058480
photo by shanelkalicharan

今朝、日課のニュースチェックをしていたら、こんなホッテントリー記事を見つけました。
id:yukimaroman000 さんの
絵本『りんごかもしれない』がスゲェおもしろかったもんで。 - ママがんばってません別館。
という記事。
絵本大好きな私は思わず飛びついたのですが、もう発想力の豊かさに脱帽!コメント欄も賞賛の嵐でした(笑)私もおなかがよじれる程笑うと同時に、発想力と表現力に感心してしまいました。

意外性と躍動感

本家の『りんごかもしれない』はこちら。

りんごかもしれない

りんごかもしれない

yukimaroman000 さんのおうちでは「りんごじゃなくてみかんだったらどうだろう」と、発想力豊かに「みかんかもしれない」を作って行かれてるわけです。
私的に面白かった…は大きく2つ!

  1. 「そこか!」と思わせる突拍子もないストーリー展開。
  2. 躍動感のある写真の数々。みかんが動いているような錯覚さえ覚えるかもしれない。

ぜひ「みかんかもしれない」をご覧下さい。
絵本『りんごかもしれない』がスゲェおもしろかったもんで。 - ママがんばってません別館。

「表現」の本質を突いている

id:yukimaroman000 さんのおうちでどのようなやりとりがあったのかわかりませんが、遊びに広がりを持たせたことは確かです。実際に「3日くらいは遊べます」とおっしゃっているので、かなり集中力を持って、お子さんはこの遊びを楽しまれたのだと思います。

私が幼稚園や保育園で働いていた頃、自由遊びの中で表現を高め、遊びの幅を広げるということをしていました。ちょっと分かりにくいかと思うのですが、やっていることはこの「みかんかもしれない」と同じです。

私:子どもに絵本を読む
子:楽しんでいる様子が見てとれる
子:「じゃあ、みかんだったらどうかな?」という疑問が起きた
私:子どもが尋ねてきたら「どうなっていたと思う?」と問いかける
子:色々空想する
私:その空想を形にしてみないかと促す

という具合です。
その「形にする」方法がyukimaroman000 さんの場合は写真と文字、動画だったわけですよね。私の中に写真という選択肢がなかったので、大きな発見でした。

私が今までやってきたことは、クレヨンや絵の具、折り紙などから始まって、子どもの興味が続けば、身体表現に発達させるという感じです。

クレヨン・絵の具で「みかんかもしれない」の絵を描く

作った子に「●●くんがみかんだったら、どうやって動くの?」と問いかけて、そのお友達も混ざる様に促してみたり…

やり方は色々ですし、この遊びが自発的な「みかんごっこ」につながる場合は、もっと大きな演劇のようにするかもしれませんし、みかんではなく、違う題材(ばなな)で新たに遊ぶかもしれません。そこからみかんの生体について調べるワークへと発展させても面白いかも。

また、1〜2日で子どもの興味がなくなった時は無理強いはせず、全く別の遊びに没頭できるように環境を作って行くかなぁと思います。

表現で使えるものは身の回りにたくさんある

おうちでは何を使って遊んでますか?表現に使える物って身の回りにたくさんあるので、ちょっとご参考までに。

  • 画用紙
  • クレヨン
  • 色鉛筆
  • 絵の具
  • 折り紙
  • モール
  • 毛糸
  • ティッシュペーパー(道で配っているものなら全部出してひどいことに!という被害も少ない)
  • コップ
  • ストロー
  • 粘土
  • 写真(今回の様にweb内での表現って無限大ですね!)
  • 割り箸
  • 紙コップ
  • ペットボトル
  • セロファン
  • 紙皿

などなど…。あなたのお家では何を使って表現遊びを楽しんでいますか?

おうちだって学校だって制約いっぱいだからこそ

写真として表現して、ブログに大勢多数の人に見てもらえる場にアップして、知らない人からコメントをもらうなんてことは、yukimaroman000 さんのお家だからこそ出来たことで、学校ではなかなか経験出来ないことですよね。すごい!

学校だったら、色々な制限がかかって(色々な価値観の親御さんがいるので、知らない人が見る場に作品をアップするなという方もいらっしゃいます。)アップ出来ないことだってあるでしょう。

お家でだって幼稚園・保育園・小学校だって、予算や時間の制限の中で教育をしているのですから、その時楽しめることを楽しめる方法で表現すれば良いのだと思います。

お子さんと一緒に柔軟な表現力・妄想力?を楽しんで

http://www.flickr.com/photos/27409143@N00/11351117455
photo by kb_vaidya

このように、お子さんと親御さんの妄想力を合わせて、予想もつかないくらい面白いものが出来上がるものです。
今はネットで世界中の人と思いを共有できる時代。yukimaroman000 さんの様に、世界に向けて「作品」を発表してみて下さい。それが共感を読んで、またさらに面白い「作品」を生むかもしれません。

yukimaroman000 さんは「誰か続編を」とおっしゃっているので、この遊びが飛び火するかもしれません。いつもは育児参加がなかなか出来ないお父さんも一緒にやってみると、意外にお父さんの方がノリノリになってしまうかも?

何事も育児は育自!Trial and Errorなんですから、楽しまないと損ですよね♬