Life-eBox

「Life-eBox」は、生活を豊かにするためのニュースや知識、アイテムをお届けするブログ。楽しむ事で見えてくる可能性や、広がる世界をお届けしていきます。

親子で楽しく英語を学び、絆を深めましょう。

http://www.flickr.com/photos/50023855@N00/3553201275

photo by hsmtp

これから生まれ、育って行く子どもたちには、このグローバル社会の中で生き抜く力を身につけた大人になってほしいと考えています。

きっとその願いは、このサイトに辿り着いて下さった方ならば、誰しもが持っていらっしゃる事と思います。

その思いを子どもに伝えるためには、世界共通語の英語を手段として使いこなせる様にしてあげることが前提となってくるでしょう。

現に、2011年から小学校5年生から英語が必修になりました。

『新小学校学習指導要領』によれば、

 

  1. 外国語を用いて積極的にコミュニケーションを図ることができるよう,次の事項について指導する。
    • (1) 外国語を用いてコミュニケーションを図る楽しさを体験すること。
    • (2) 積極的に外国語を聞いたり,話したりすること。
    • (3) 言語を用いてコミュニケーションを図ることの大切さを知ること。
  2. 日本と外国の言語や文化について,体験的に理解を深めることができるよう,次の事項について指導する。
    • (1) 外国語の音声やリズムなどに慣れ親しむとともに,日本語との違いを知り,言葉の面白さや豊かさに気付くこと。
    • (2) 日本と外国との生活,習慣,行事などの違いを知り,多様なものの見方や考え方があることに気付くこと。
    • (3) 異なる文化をもつ人々との交流等を体験し,文化等に対する理解を深めること。

 

 とあります。

この6項目を総括すれば、本格的な文法等を学ぶ「勉強」は中学校からで良い。小学生のうちは英語を「体感」することが大事なのだと言っている様に取れます。

私もガリガリ机に向かって英文法やリーディングを学ぶことだけが、英語の勉強法ではないと思うのです。

ましてや、幼児からそんなことをしていたのでは、大半の子どもは英語嫌いになってしまうでしょう。

 そこで、子どもに勉強させる前に、親自身が英語の学び方をきちんと学び、子どもに伝えて行く必要があるのではないでしょうか。

親子で楽しく英語を学べて、絆も深まる様なしあわせな英語学習法を模索していこうと思います。

リンク

第4章 外国語活動:文部科学省

小学校英語必修化について:スペースアルク